ウーマン

ハイクラス求人の検索にはインターネットサービスを利用しよう

日本の障害者雇用

男女

障害者雇用に対する注意点

現在、日本では障害者雇用に関して「障害者の促進等に関する法律」で民間企業に対しては一定以上の障害者雇用を義務付けています。国は積極的に障害者の雇用を促進しているため、制度の内容が短い期間で色々と変更になっています。この法律では障害者雇用率も定めていて現在では2%となっており、50人以上の従業員がいる企業では1人以上の障害者を雇用しなければいけないことになります。雇用率を満たしていない企業に対しては徴収金が課せられることになっています。なお、この2%は就業期間を定めずに1年以上雇用する労働者のことで、パートなどの短時間労働者に関しては0.5人として算定しますが、障害の種類や重さなどによって算定基準が異なります。

知っておくと良い情報

ひと口に障害者と言っても、身体、知的、精神と障害を持っている部位は異なります。障害者雇用をするにあたっては、健常者と同じように採用前の面接を行う必要がありますが、特に知的障害者や精神障害者の場合、その人の特性などを見抜くことが難しい場合もあります。そのような場合は、障害の程度や特性などを保護者や学校関係者などから詳しく情報を入手し、従業員に周知して理解を得ることが大切です。障害者の中には自分の中で独自にルールを作っていたり、強いこだわりがある人なども多く、ルール通りにならないとパニックを起こしてしまう人もいます。そのため、コミュニケーションの取り方などの情報も関係者からきちんと聞いておくことが重要になります。

Copyright © 2017 ハイクラス求人の検索にはインターネットサービスを利用しよう All Rights Reserved.